アプロヴェル150mg (降圧剤)

アプロヴェル150mg  (降圧剤)の商品画像
商品の特徴

成分イルベサルタンにより、血圧を下げるお薬です。

cart-line
アプロヴェル150mg 1箱
 
品切れ中
cart-line
アプロヴェル150mg 2箱
 
品切れ中
cart-line
選ばれる理由
製品名APROVEL 150mg
一般名Irbesartan(イルベサルタン)150mg
製造元サノフィ・アベンティス (sanofi-aventis)
薬効部類降圧剤
日本名アプロヴェル150mg、イルベタン錠、アバプロ錠
内容量28錠 / 箱
関連商品ブロプレスディオバン
発送国タイ

アプロヴェル150mg (降圧剤)効能

アプロヴェル150mg'(イルベタン)は成分であるイルベサルタンによって血圧を下げることができる薬です。降圧剤として使用します。アプロヴェル150mg'(イルベタン)の一般名はイルベサルタンで薬効分類や降圧剤です。日本名はアプロフェル、イルベタン、アバプロとされる降圧剤です。降圧剤イルベタンは腎臓への負担を軽くしますし心臓への負担も軽くします。

アプロヴェル150mg (降圧剤)用法用量

降圧剤として成人はイルベサルタンとして50mgから100mgを1日に1回服用します。年齢やそれぞれの症状によって、イルベサルタンの量を適宜増減することになるのですが、1日のイルベサルタンの最大服用量は200mgが上限です。

アプロヴェル150mg (降圧剤)の副作用

イルベサルタンの副作用についてですがイルベタンを飲み始めた最初のころに頭痛、体のだるさなどを感じることがあるのが一般的です。作用が似た薬の中では咳が出ることもあるとのことですが、イルベタンにおいては咳の副作用はありません。腹痛、頭痛、動悸や立ちくらみ、だるさ、手足のしびれや歩行困難、寒気や低血圧、不安感やいらいらする気持ち、筋肉痛、味覚異常などの症状がイルベタンの副作用として現れます。必ず十分な水と一緒に降圧剤としてのイルベタンを服用することが大切です。

アプロヴェル150mg (降圧剤)の一般注意

病状にもよるのですが虚血性腎臓病の人は降圧剤イルベタンの服用はしないほうがいいでしょう。妊娠中の人は服用そのものができませんので妊娠している人、妊娠の可能性があるという人は降圧剤イルベタン処方前に必ず医師にそのことを伝えましょう。高血圧の治療に効果があるイルベタンですが、腎臓にも心臓にもダメージが軽いのが特徴です。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

フレティック40mg

【フレティック40mg】

作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。ラシックスのジェネリック薬です。

¥2220〜

no2

ラシックス

【ラシックス】

ラシックスは、作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。

¥1850〜

no3

ベタプロ

【ベタプロ】

インデラルのジェネリックであがり症・狭心症・高血圧症・不整脈・片頭痛の治療薬

¥1950〜

no4

プレタール錠

【プレタール錠】

血液の流れを改善して脳梗塞の再発を予防。また慢性動脈閉塞症に基づく虚血性諸症状を改善します。

¥10620〜

no5

リパンシール

【リパンシール】

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。

¥3000〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません