ラノキシン-PG(強心剤)

ラノキシン-PG(強心剤)の商品画像
商品の特徴

ジギタリス系の強心薬です。心臓の収縮力を強くし、脈をゆっくりさせる作用があります。心不全などで心臓が弱っているときに用います。

cart-line
ラノキシン-PG 1箱(300錠)
¥3,650
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名LANOXIN-PG 0.0625mg
一般名ジゴキシン
製造元aspen
薬効部類強心剤
日本名ラノキシン-PG
ジゴシン
内容量300錠/箱
発送国タイ

ラノキシン-PG(ジゴシン錠と同成分)の特徴

ラノキシンはジギタリス系の強心薬です。心臓の収縮力をアップさせて脈をゆっくりする働きがある薬です。心不全で心臓が弱い場合に使う薬、それがラノキシンです。一般名をジゴキシンと言いますが、強心剤で薬効分類されています。日本名はラノキシン-PRです。またはジゴシンと言います。

ラノキシン-PG(ジゴシン錠と同成分)の効能

ラノキシンはジギタリス系の強心薬で血液がよく循環するように働きかけますので呼吸が楽になって、浮腫がある人は浮腫の改善もみられるのが特徴です。実際ジギタリス薬を使うと心不全悪化で入院するという割合が減るのがラノキシンの特徴です。一般的には心不全や頻脈の予防や治療、うっ血性心不全、粗動による頻脈の治療、発作性上室性頻拍の治療にもラノキシンは使います。

ラノキシン-PG(ジゴシン錠と同成分)の用法用量

ラノキシンは成人の場合に休息飽和療法に使う際は、初回は0.5mgから1mgを処方し、それ以後0.5mgを6時間から8時間服用します。十分な効果が出るまで続けることになります。ラノキシンによって比較的休息飽和療法ができますし緩やかな飽和療法も可能です。維持療法は1日に0.25mgから0.5mgを経口投与することになります。

ラノキシン-PG(ジゴシン錠と同成分)の副作用

ラノキシンの副作用ですが量が多すぎることによってジギタリス中毒を起こすことがあります。吐き気を伴う場合はジギタリス中毒を起こしているのかもしれません。脈が乱れたり著しく減少している場合には中毒の副作用が出ているので注意が必要です。

またラノキシンの服用後に下痢や不整脈、めまいや発疹などがあって、まれに筋力の低下を起こすこともあります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ラシックス

【ラシックス】

ラシックスは、作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。

¥1850〜

no2

フレティック40mg

【フレティック40mg】

作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。ラシックスのジェネリック薬です。

¥2220〜

no3

カルデュラ

【カルデュラ】

高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症の治療に用いられます。

¥7200〜

no4

インデラル

【インデラル】

高血圧に関する病気にも処方される事がある、あがり症の改善に効果を発揮する医薬品です。

¥3100〜

no5

ベタプロ

【ベタプロ】

インデラルのジェネリックであがり症・狭心症・高血圧症・不整脈・片頭痛の治療薬

¥1950〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません