リピトール錠

リピトール錠の商品画像
商品の特徴

リピトール錠(高脂血症治療薬)は、世界で一番使用されているコレステロール低下薬です。

cart-line
リピトール錠10mg 50錠
¥13,680
カートへ
cart-line
リピトール錠10mg 100錠
¥24,050
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Lipitor
一般名アトルバスタチンカルシウム水和物
販売元ファイザー
薬効部類高脂血症の治療薬
日本名リピトール錠
内容量10錠/シート
ジェネリック薬アトルリップ20mg
発送国タイ

リピトール錠の効能

リピトールは高脂血症治療薬です。世界で一番使われている高コレステロール血症治療薬としてリピトールは使用されています。一般名をアトルバスタチンカルシウム水和物です。薬効分類としては高コレステロール血症治療薬に分類されます。日本名をリピトールといいます。

リピトール錠の用法用量

用法用量についてですがリピトールは最低用量は10mgとなっていて最高用量が80mgですからこれを守るようにしなければいけません。高コレステロール血症で10mgを1日に1回を服用します。そして家族性高コレステロール血症の場合には10mgを1日に1回服用することになります。

リピトール錠の一般注意

リピトールの一般的な注意点ですが、リピトールは高コレステロール血症と家族性高コレステロール血症ということを確認したうえでリピトールの適用を考える必要があります。治療に対しての反応が認められないという場合にリピトールの服用を医師の判断で中止となります。

リピトール錠の副作用

リピトールの主な副作用について次に見ていきますが、胃の不快感やそう痒感、手指のしびれと不眠、下痢や胸やけ、便秘や頭痛、全身倦怠感などがあります。

さほど重度の副作用が起きるということはないようですが、万が一リピトールを服用した場合に重篤な副作用がおきてつらい、日常生活に支障が出ているという場合には早めに服用を一時中断して、その上で医師の診断を受けなおしてください。副作用は初期に現れやすいとされていますが慢性的に飲み続けていると起きることもありますので注意しましょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

フレティック40mg

【フレティック40mg】

作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。ラシックスのジェネリック薬です。

¥2220〜

no2

ラシックス

【ラシックス】

ラシックスは、作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。

¥1850〜

no3

ベタプロ

【ベタプロ】

インデラルのジェネリックであがり症・狭心症・高血圧症・不整脈・片頭痛の治療薬

¥1950〜

no4

プレタール錠

【プレタール錠】

血液の流れを改善して脳梗塞の再発を予防。また慢性動脈閉塞症に基づく虚血性諸症状を改善します。

¥10620〜

no5

リパンシール

【リパンシール】

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。

¥3000〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません