メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mg

メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mgの商品画像
商品の特徴

メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mgは、世界で一番使用されている高コレステロール血症治療薬です。

cart-line
メバロチン 20mg 5シート(50錠)
 
品切れ中
cart-line
メバロチン 20mg 10シート(100錠)
 
品切れ中
cart-line
選ばれる理由
製品名Mevalotin 20mg
一般名プラバスタチンナトリウム
製造元Daiichi-Sankyo(第一三共)
薬効部類高脂血症の治療薬
日本名メバロチン錠
内容量10錠/シート
発送国タイ

メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mgの効能

メバロチンは高脂血症治療薬です。世界で一番使用率が高い高コレステロール血症治療薬といってもいいのがメバロチンです。肝臓のコレステロール合成を還元酵素阻害作用によって阻害しているので血液中のコレステロールを生かして血清脂質を改善させるための薬です。メバロチンはプラバスタチンナトリウムが一般名です。高脂血症用剤として薬効分類されています。日本名はメバロチンです。

メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mgの用法用量

メバロチンは一般的には成人なら1回1錠で、1日に1回または2回に分けて飲むことになりますが治療をする患者それぞれの年齢や症状によっても違いが出ます。重症の人は1日に2錠までならメバロチンを増量可能です。必ず医師の診断の元で指示された量のメバロチンの服用をするようにしましょう。万が一メバロチンを飲み忘れてしまった場合には忘れた分はとばして飲まずに、次に飲むときにメバロチン1回分を飲むようにしましょう。絶対にやってはいけないこととしては1度に2回分飲まないようにしましょう。万が一多く誤って飲んでしまった場合には薬剤師に速やかに相談をしましょう。医師の指示なしで自己判断でメバロチンを飲むのをやめないようにしましょう。

メバロチン錠(高脂血症治療薬)20mgの副作用

メバロチンの副作用としては発疹や下痢、胃の不快感、脱毛や光線過敏、そう痒、貧血といった症状も報告があるのですが、メバロチンを服用してこれらの症状があった場合には早めに処方した医師または薬剤師に相談をする必要があるでしょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31