プレタール錠 50mg

プレタール錠 50mgの商品画像
商品の特徴

血液の流れを改善して脳梗塞の再発を予防。また慢性動脈閉塞症に基づく虚血性諸症状を改善します。

cart-line
プレタール錠 50mg 1箱
¥10,620
カートへ
cart-line
プレタール錠 50mg 2箱
¥19,890
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Pletaal Tablets 50mg
一般名シロスタゾール
製造元大塚製薬 (Otsuka)
薬効部類脳循環改善薬
日本名プレタール錠 50mg
内容量100錠/箱
発送国タイ

プレタール錠 50mgの特徴

プレタールは、血小板の働きを抑えて血液が固まらないように予防する薬です。血栓によって脳梗塞などの予防をして血管拡張作用によって慢性動脈閉そく症に伴った手足の痛み、冷えを改善するための薬です。一般名をシトスタゾールと言い、抗血小板剤に薬効分類されている薬です。日本名がプレタールです。

プレタール錠 50mgの効能

プレタールは、脳梗塞の発症があってからの再発抑制のための治療にも使われますし、慢性動脈閉そく症に基づいた潰瘍の治療にもプレタールは使う事ができます。プレタールのシロスタゾールは血管内皮機能を改善させて血管保護効果によってくも膜下出血の後遺症を抑さえて機能予後を改善させる働きがあります。アスピリン、ブロビックスは血小板だけに働きかけるので出血傾向がとても強いのですがシロスタゾールは血小板、血管内皮細胞のどちらにも作用しますので、出血があまりないのです。

プレタール錠 50mgの用法用量

レタールの用法用量は、一般的に成人の場合にはシロスタゾールとして1回100mgを1日に2回服用するのですが、年齢や症状によっては増減があります。万が一プレタールを飲み忘れたら気が付いたときに服用するといいでしょう。次回の服用時間が迫っている場合は服用し忘れた分はもうとばしていいので次回から服用するようにして、プレタール2回分を1回に服用することがないようにしましょう。

プレタール錠 50mgの副作用

プレタールの副作用は頭痛、頭が重く感じる、歯茎の出血、鼻血、皮下出血、血尿や動悸などがあります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ラシックス

【ラシックス】

ラシックスは、作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。

¥1850〜

no2

フレティック40mg

【フレティック40mg】

作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。ラシックスのジェネリック薬です。

¥2220〜

no3

カルデュラ

【カルデュラ】

高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症の治療に用いられます。

¥7200〜

no4

インデラル

【インデラル】

高血圧に関する病気にも処方される事がある、あがり症の改善に効果を発揮する医薬品です。

¥3100〜

no5

ベタプロ

【ベタプロ】

インデラルのジェネリックであがり症・狭心症・高血圧症・不整脈・片頭痛の治療薬

¥1950〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません