ゼストリル5mg(高血圧改善)

ゼストリル5mg(高血圧改善)の商品画像
商品の特徴

ACE阻害薬です。効き目がよく安全性も高い事から、高血圧治療の第一選択となっています。

cart-line
ゼストリル5mg 1箱
 
品切れ中
cart-line
ゼストリル5mg 2箱
 
品切れ中
cart-line
選ばれる理由
製品名ZESTRIL 5mg
一般名リシノプリル50mg
製造元アストラゼネカ
薬効部類降圧剤
日本名ゼストリル5mg
内容量28錠 / 箱
発送国タイ

ゼストリル5mgの特徴

ゼストリルはACE阻害薬です。効果がとてもあり安全性にも優れていることから高血圧の治療薬として第一選択とされています。ゼストリルは一般名はリシノプリルです。

ゼストリル5mgの用法用量

降圧剤として薬効分類されており、高血圧症の場合には10mgから20mgを1日に1回服用しますが、腎不全を伴っている高血圧症や重症高血圧症の場合には5mgから服用を開始するのが基本です。ゼストリルは高血圧症の治療に使われて成人の場合には1日に1錠から2錠、主成分は無水物として10mgから20mgを1日に1回飲みますが血圧症は0.07mgを1キロに計算して服用し、1日量が20mg以上にならないことが重要です。

ゼストリル5mgの効能

ゼストリルはアンジオテンシン変換酵素を阻害してアンジオテンシンII生成を抑制することによって血圧を下げて心不全の症状を改善させる働きがあります。一般的には高血圧の治療や慢性心不全の治療として使う薬です。

ゼストリル5mgの一般注意

以前に薬を使ってかゆみや発疹といったアレルギーの症状が出たことがある人や血管浮腫が出た人、血漿交換療法を受けている人や腎障害、妊娠、授乳中の人などはセストリルの服用には注意が必要ですし医師と相談しなければいけません。ゼストリルによってめまいやふらつきが起きることもありますから、高所での作業、車の運転などは注意が必要です。

ゼストリル5mgの副作用

副作用としてゼストリルを服用した後に貧血になったり、咳や発疹、かゆみや光線過敏症などの過敏症が起こることもありますが、これらの症状があったら早めに医師に相談しましょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ラシックス

【ラシックス】

ラシックスは、作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。

¥1850〜

no2

フレティック40mg

【フレティック40mg】

作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。ラシックスのジェネリック薬です。

¥2220〜

no3

カルデュラ

【カルデュラ】

高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症の治療に用いられます。

¥7200〜

no4

インデラル

【インデラル】

高血圧に関する病気にも処方される事がある、あがり症の改善に効果を発揮する医薬品です。

¥3100〜

no5

ベタプロ

【ベタプロ】

インデラルのジェネリックであがり症・狭心症・高血圧症・不整脈・片頭痛の治療薬

¥1950〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません