プレバシド(タケプロン)

プレバシド(タケプロン)の商品画像
商品の特徴

胃酸の分泌を強力におさえる薬です。鎮痛薬が原因の潰瘍にも有効です。

cart-line
プレバシド 30mg 1箱(14錠)
¥5,440
カートへ
cart-line
プレバシド 30mg 2箱(28錠)
¥9,180
カートへ
cart-line
タケプロンOD30mg 1箱(14錠)[香港]
¥5,270
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Prevacid 30mg
一般名ランソプラゾール
製造元武田薬品
薬効部類胃薬
日本名タケプロン
内容量14錠/箱
ジェネリック薬タケプロンジェネリック30mg
関連商品コントロロック
発送国タイ・香港

プレバシド(タケプロン)の特徴

タケプロンOD30mgは、胃腸の薬です。タケプロンには胃酸の分泌を抑える働きがあります。胃酸は食べ物を消化する働きや胃を守る働きがあります。強い酸性なので、胃の中に入ってきた細菌を殺すことができるのです。でも胃酸が多くなりすぎると、胸やけや吐き気といった不快な症状が起こるようになります。タケプロンを飲むと、そういった症状を抑えることができます。胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった病気に治療にタケプロンは使われます。最近増えている逆流性食道炎や、非びらん性胃食道逆流症の基本治療薬でもあります。

プレバシド(タケプロン)の効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった病気に治療にタケプロンは使われます。最近増えている逆流性食道炎や、非びらん性胃食道逆流症の基本治療薬でもあります。

プレバシド(タケプロン)の用法用量

・就寝前に一日一回摂取します。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍といった病気の場合、30mgを8週間飲み続けます。(十二指腸潰瘍の場合は4週間)
・それでも効き目がない時には、タケプロン15mgを一日一回飲みます。これは逆流性食道炎の維持療法と言われています。維持療法を続けている間に、悪化した場合は、良くなるまでタケプロンを30mgに増やすことができます。

プレバシド(タケプロン)の主な副作用

発疹、かゆみ、吐き気、食欲不振などといったものです。これらの副作用が発生する頻度は5%未満です。(消化器系の症状の場合、0.1%未満です)。肝障害のある方、高齢者の方は副作用が出ないか十分に注意して摂取してください。硫酸アタザナビル、テオフィリン、タクロリムス水和物、イトラコナゾール、ゲフィチニブといった薬との併用はやめましょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

コントロロック

【コントロロック】

胃潰瘍の原因菌“ヘリコバクター・ピロリ”の除菌にも用います。

¥4590〜

no2

ドブレン50mg

【ドブレン50mg】

胃酸過多の症状を抑え胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の悪化を防ぎ回復を早める薬。

¥2630〜

no3

セルベックス 50mg

【セルベックス 50mg】

粘膜の病変の改善し、酸に対する抵抗力を強める効果を示すため、胃炎や胃潰瘍に用います。

¥3060〜

no4

モティリウム-M

【モティリウム-M】

日本ではナウゼリンなどの名前で販売されている、低副作用で安全性の高い制吐剤です。

¥2040〜

no5

ファド40mg

【ファド40mg】

ファド40mgは、日本名ガスター錠で有名な成分ファモチジン製剤です。

¥3310〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません