ドブレン50mg

ドブレン50mgの商品画像
商品の特徴

胃酸過多の症状を抑え胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の悪化を防ぎ回復を早めるプロトンポンプ阻害薬。

cart-line
ドブレン50mg 1箱(30錠)
¥2,630
カートへ
cart-line
ドブレン50mg 2箱(60錠)
¥4,100
カートへ
cart-line
ドブレン50mg 3箱(90錠)
¥5,400
カートへ
cart-line
ドブレン50mg 6箱(180錠)
¥8,600
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Dobren 50mg
成分名スルピリド
製造元TEOFARMA SRL
薬効部類胃薬
内容量30錠/箱
発送国香港

ドブレン(ジェネリックドグマチール)の特徴

ドブレン50mgは、胃の薬です。ドブレンには消化管の運動を促進する働きがあります。ほかに胃の粘膜の血流を良くすることで、胃潰瘍の症状を改善します。ドブレンを多く取ると、精神病が改善されます。これはこの薬が向精神作用を持っているためです。ドブレンを大目にとることで、うつ病や統合失調症の改善が期待できます。ドブレンの服用を続けていると、胃の働きが活発になってくるので、胃のたれや吐き気といった不快な症状がおさまってきます。飲む量を調節すれば、軽いうつ病などにも効果的です。

ドブレン(ジェネリックドグマチール)の用法用量

▽胃腸炎や胃潰瘍を治療するためにドブレンを使うには
・1日に3回服用します。
・ドブレンを飲む量は1日150mgです。分割して、50mgずつ飲みます。
▽うつ病の治療のときには
・100mgから300mgを3回に分けて飲みます。年齢や症状によって、飲む量は変わります。
・1日の最大量は600mgまでです。
▽統合失調症の治療の時には
・100mgから600mgを3回に分けて、飲みます。
▽統合失調症の場合
・最大で1200mgまで飲むことができます。

ドブレン(ジェネリックドグマチール)の副作用

ドブレンの副作用はあまりなくて、比較的安全な薬だと言われています。ドブレンの主な副作用は、震えやこわばり、ホルモンの異常です。長い間服用していると、遅発性ジスキネジアとよばれる副作用が起こることがあります。これは、口のまわりに異常な運度や震えが出てくるものです。特に女性の方は、この副作用に気をつける必要があります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

パリエット

【パリエット】

胃酸の分泌を強力に抑える胃薬で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍に対して使用されます。

¥4420〜

no2

セルベックス 50mg

【セルベックス 50mg】

粘膜の病変の改善し、酸に対する抵抗力を強める効果を示すため、胃炎や胃潰瘍に用います。

¥3060〜

no3

ファド40mg

【ファド40mg】

ファド40mgは、日本名ガスター錠で有名な成分ファモチジン製剤です。

¥3310〜

no4

モティリウム-M

【モティリウム-M】

日本ではナウゼリンなどの名前で販売されている、低副作用で安全性の高い制吐剤です。

¥2040〜

no5

コントロロック

【コントロロック】

胃潰瘍の原因菌“ヘリコバクター・ピロリ”の除菌にも用います。

¥4590〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません