コソプト配合点眼液

コソプト配合点眼液の商品画像
商品の特徴

米国など約90カ国で処方されており、世界で最も多く使用されている配合点眼液です。

cart-line
コソプト配合点眼液 1本
¥5,860
カートへ
cart-line
コソプト配合点眼液 3本
¥14,450
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Cosopt 2%/0.5%
成分名ドルゾラミド塩酸塩
製造元Merck & Co., Inc.
薬効部類目薬
日本名コソプト配合点眼液
内容量5ml/本
関連商品ルミガン
ラティッセ
キサラタン
ビマトアイドロップス
発送国タイ

コソプト配合点眼液について

コソプト配合点眼液は緑内障や高眼圧症の治療に用いられる、眼圧を下げる目薬です。
2種類の眼圧を下げる有効成分が配合されており、一つはドルゾラミド(トルソプト)という炭酸脱水酵素阻害薬で、もうひとつはβ遮断薬のチモロール(チモプトール)です。
コソプト配合点眼液はこの作用の異なる2つの有効成分がいっしょに作用することによって、房水の産生を減らし、眼圧下降効果が高まり、緑内障による視野の悪化を抑えるはたらきをします。

コソプト配合点眼液用法用量

コソプト配合点眼液は、通常1日2回、1回1滴を点眼します。コソプト配合点眼液は喘息のある人や過去に喘息のあった方は使用できず、また心不全など心臓病のある方も症状によっては使用を禁止されます。
また服用中の薬がある場合は使用前に医師に伝えて下さい。

コソプト配合点眼液 使用上のご注意

コソプト配合点眼液を使用する際の注意として、
1.コンタクトレンズをご使用の方は、外してから使用すること。
2.点眼の際はできるだけ仰向けになり、1滴点眼したあとはゆっくり目を閉じ、まばたきをせず1~5分間その状態を維持する。
その際目頭を指で抑えることで鼻や口に薬が回らず、全身性の副作用の予防になる。
3.点眼の際コソプト配合点眼液の容器の先端がつかないように気をつける。
4.他の点眼液を併用している場合は、5分間以上間隔をあけて点眼する。といった点が挙げられます。

コソプト配合点眼液の主な副作用

コソプト配合点眼液の主な副作用として、眼刺激症状、充血、かゆみ、かすみ目などが報告されています。
またβ遮断薬の全身性の副作用により喘息の発作を誘発したり、心臓や血圧に影響を及ぼす恐れがあるので、用法・用量をきちんと守って、医師の指導のもと使用して下さい。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31