フロリネフ0.1mg(慢性副腎不全治療薬)

フロリネフ0.1mg(慢性副腎不全治療薬)の商品画像
商品の特徴

体内の塩分量を調節する薬です。慢性副腎不全(アジソン病)などの治療に用います。ステロイドホルモンの一種です。

cart-line
フロリネフ0.1mg 1個(100錠)
¥5,270
カートへ
cart-line
フロリネフ0.1mg 2個(200錠)
 
取り扱い終了
cart-line
フロリネフ0.1mg 3個(300錠)
¥13,600
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Florinef
一般名フルドロコルチゾン
製造元Bristol-Myers Squibb Australia Pty Ltd
薬効部類その他
日本名フロリネフ
内容量100錠 [常温発送]
発送国香港

フロリネフ0.1mgの効能

フロリネフは慢性副腎不全の治療に使われる薬です。慢性副腎不全はアジソン病ともいいます。フロリネフには体の塩分を調節する働きがあります。慢性副腎不全(アジソン病)の他に塩喪失型先天性副腎皮質過形成症などに使われます。フロリネフはステロイドホルモンの一種です。慢性副腎不全(アジソン病)で体の塩分が不足しているときに使われます。副腎の働きが悪いと体の不調が起こります。疲れや食欲不振、体重の減少、低血圧などが慢性副腎不全(アジソン病)の主な症状です。フロリネフには体内の塩分を増やし、血圧を上昇させる働きがあります。

フロリネフ0.1mgの用法用量

フロリネフの服用法は、0.02mgから0.1mgを1日に2回から3回に分けて服用します。服用の量は慢性副腎不全(アジソン病)の状態に合わせて増やしたり減らすことができます。新生児や乳児には0.025mgから0.05mg程度がよいでしょう。長期にわたって服用するときには急に止めないようにしてください。フロリネフの服用を急に止めると反動で重い症状が出ることがあります。高血圧や感染症があるときには使用できないことがあります。

フロリネフ0.1mgの副作用

フロリネフを慢性副腎不全(アジソン病)の治療のために一定期間服用した場合、副作用が出ることがあります。顔がふっくらとしたり(ムーンフェイス)、お腹に脂肪がついてしまいます。この副作用は減量をすればよいので、それほど心配はいりません。飲み始めた時に下痢や消化不良、吐き気などの副作用が起こることがあります。フロリネフの服用を長期間続けていると感染症にかかりやすくなることがあります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

二日酔い予防パッチ

【二日酔い予防パッチ】

海外で話題の二日酔い予防パッチで、飲酒で失われる様々な栄養素をパッチを経由してゆっくり補充して二日酔いを軽減・予防!

¥2600〜

no2

チャンピックス

【チャンピックス】

今までのニコチンパッチやニコチンガムとは違いニコチンを含みません。

¥7500〜

no3

EUアボダート

【EUアボダート】

薄毛の最大原因といわれるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。

¥7870〜

no4

ユリスパス

【ユリスパス】

尿意をおさえるお薬です。頻尿や残尿感の治療に用います。

¥4760〜

no5

フラボリン

【フラボリン】

尿意をおさえるお薬です。頻尿や残尿感の治療に用います。

¥2890〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません