ハルナール 0.4mg(前立腺肥大症の治療薬)

ハルナール 0.4mg(前立腺肥大症の治療薬)の商品画像
商品の特徴

ハルナールは前立腺肥大症の初期にもっとも多く行われる薬物療法の第一選択薬。

cart-line
ハルナール 30錠
¥7,730
カートへ
cart-line
ハルナール 60錠
¥13,850
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Harnal Ocas 0.4mg
成分名タムスロシン塩酸塩
製造元Astellas Pharma
薬効部類排尿障害
日本名ハルナール
内容量30錠/箱
発送国タイ

ハルナール 0.4mg について

ハルナールは、前立腺肥大症で尿が出にくい時に、尿の出をスムーズにする飲薬です。
ハルナールの有効成分タムスロシン塩酸塩はα遮断薬系統で、特に前立腺や尿道に選択的に作用し、これにより前立腺や尿道平滑筋にあるα受容体を遮断し、尿道内部の圧力を下げて、前立腺肥大症の症状である排尿障害を治療・改善します。
ハルナールは初期の前立腺肥大症の治療に用いられる第一選択薬で、速効性があり、また服用は1日1回と持続性があることも特徴です。

ハルナール 0.4mg 用法用量

成人の場合、通常1日1回タムスロシン塩酸塩として0.2mgを食後に経口服用します。
なお用法・用量は年齢・症状により適宜増減します。

ハルナール 0.4mg 使用上のご注意

ハルナールを使用する際には、他の薬との併用に注意して下さい。
降圧薬と併用すると血圧が下がり過ぎてしまうおそれがあります。
シルデナフィルなど勃起不全の薬(ホスホジエステラーゼ5阻害作用薬)の併用で症候性低血圧を起こすおそれがあります。
起立性低血圧のある人は、ハルナールの使用で症状が悪化するおそれがあり、また重い腎臓病・肝臓病を患っている方、高齢者の方は副作用が出やすいので、少量から開始することになります。ハルナールの服用後、とくに飲みはじめはめまいや立ちくらみをおこしやすいので、車の運転や高所での作業は症状が回復するまで控えましょう。

ハルナール 0.4mg 副作用

めまい、立ちくらみ、ふらつき、血圧低下、胃の不快感、吐き気などが報告されています。
まれな副作用として、過度の血圧低下・重い肝臓の症状の初期症状が報告されています。
これらの症状を感じたときは、早急に医師にご相談下さい

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

二日酔い予防パッチ

【二日酔い予防パッチ】

海外で話題の二日酔い予防パッチで、飲酒で失われる様々な栄養素をパッチを経由してゆっくり補充して二日酔いを軽減・予防!

¥2600〜

no2

フラボリン

【フラボリン】

尿意をおさえるお薬です。頻尿や残尿感の治療に用います。

¥2890〜

no3

クオメム

【クオメム】

世界初の経口タイプのタバコ禁煙治療(内服)薬です。

¥10880〜

no4

チャンピックス

【チャンピックス】

今までのニコチンパッチやニコチンガムとは違いニコチンを含みません。

¥7500〜

no5

EUアボダート

【EUアボダート】

薄毛の最大原因といわれるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。

¥7870〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません