ジェネリックポンタール(Analgic)(鎮痛剤)

ジェネリックポンタール(Analgic)(鎮痛剤)の商品画像
商品の特徴

ポンタール錠のジェネリック薬です。ノドの痛みをともなうカゼにも使われる鎮痛消炎解熱剤です。

cart-line
ジェネリックポンタール(Analgic) 30錠 [香港発送]
 
取り扱い終了
cart-line
ジェネリックポンタール(Analgic) 100錠 [SG発送]
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Analgic500mg
一般名メフェナム酸
製造元T.Man Pharma Ltd
薬効部類鎮痛薬(メフェナム酸系)
日本名アナルジック [Analgic]
内容量10錠 / シート 医科向けパッケージよりシート単位にて小分け発送
先発の薬ポンスタン(ポンタール錠)
発送国香港・シンガポール

ジェネリックポンタール(Analgic)効能

ジェネリックポンタールは、後発のジェネリック医薬品です。ジェネリックポンタールは、解熱鎮痛作用のある医薬品で、痛みに強力に作用します。そのため、手術後、外傷、腰痛、神経痛、生理痛、歯痛などの緩和に用いられます。また、ジェネリックポンタールは、解熱効果も高いため、高熱時の解熱剤としても処方されます。加えて、ジェネリックポンタールは他の解熱鎮痛剤に比べて、胃腸障害を起こしにくいという特徴があります。

ジェネリックポンタール(Analgic)用法用量

ジェネリックポンタールの服用方法ですが、成人の場合、500mgのジェネリックポンタールを1日2回まで服用することができます。ジェネリックポンタールは作用が強いため、1日の服用限度量は1500mgまでとします。ジェネリックポンタールは胃腸障害を起こしにくい薬剤ですが、空腹時の服用は避け、できるだけ食後に服用します。また、ジェネリックポンタールは頓服でも服用できますが。その場合も軽食などをとってから服用するのが望ましいでしょう。

ジェネリックポンタール(Analgic)副作用

ジェネリックポンタールの副作用ですが、胃痛を発症することがあります。また、下痢などの症状も起こることがあります。また、喘息の発作を誘発することもありますので、喘息を持っている方は服用の前に医師に相談してください。加えて、これまでに薬の副作用で喘息の発作を起こしたことのある人は服用することはできません。ごくまれにですが、アナフィラキシーショックを誘発することがあります。薬の服用後にショック症状が起きた場合はすぐに使用を中止して、医師の治療を受けてください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ボルタレン 25mg

【ボルタレン 25mg】

炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。

¥2630〜

no2

ミオナール錠

【ミオナール錠】

血流の流れを改善して肩こりや腰痛など筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。

¥2890〜

no3

アルコキシア

【アルコキシア】

欧州、中南米、アジアの54カ国で発売されてるシクロオキシゲナーゼ−2抑制剤と呼ばれる抗炎症剤

¥8500〜

no4

カウンターペインクールジェル

【カウンターペインクールジェル】

サリチル酸無配合でやさしい効き目の外用鎮痛消炎剤です。
冷却効果があります。

¥2290〜

no5

レルパックス

【レルパックス】

頭蓋内の拡張した血管周囲の炎症を抑えることにより、片頭痛の痛みを改善します。

¥3820〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません