フェナック50mg(痛み止めの薬)

フェナック50mg(痛み止めの薬)の商品画像
商品の特徴

ボルタレンのジェネリック薬です。とくに痛みを抑える作用が強い医薬品で、解熱にも用いられている痛み止めの薬です。

日本以外の発送・EMSは不可
cart-line
フェナック50mg 3シート(30錠)
 
取り扱い終了
cart-line
フェナック50mg 5シート(50錠)
 
取り扱い終了
cart-line
フェナック50mg 10シート(100錠)
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Fenac
一般名ジクロフェナク ナトリウム
製造元L.B.S. Laboratory Ltd.
薬効部類鎮痛薬(アントラニル酸系)
日本名フェナック
内容量10錠/シート(シート発送)
先発の薬ボルタレン25mg
ボルタレン100mg
関連の薬ボルタレンLP75mg
ボルタレンカプセル
ディフェレーン50mg
ドサナック50mg
発送国シンガポール

フェナック50mg(ボルタレンのジェネリック薬)の効能

フェナック50mgは、フェニル酢酸系の鎮痛および抗炎症剤で、基本的に炎症を鎮める作用のあるお薬です。腫れや痛みを抑える作用があります。また、解熱剤としても作用し、熱を下げる際に用いることもできます。関節炎や通風、偏頭痛などの鎮痛剤として用いられ、その他にも生理痛や歯の痛み、筋肉痛の緩和、ケガをした際の痛み止めとしても用いられます。日本では、フェナック25mg製剤とフェナック37.5mg製剤がありますが、頓服用としてフェナック50mgがあります。

フェナック50mg(ボルタレンのジェネリック薬)の用法用量

フェナック50mgは非ステロイド系抗炎症剤の仲間で、熱を下げ、痛みを和らげる効果がありますが、胃腸障害を起こすことがあるので、用法と用量には注意が必要です。このお薬は基本的に食後に服用します。また、1日の服用量は100mgまでに抑える必要があります。頓服として1回にフェナック50mgを服用することもできますが、医師の指示に従うようにしてください。また、喘息の発作を招く可能性があるため、これまでに解熱鎮痛剤で喘息になったことのある人は飲むことはできません。

フェナック50mg(ボルタレンのジェネリック薬)の副作用

また、胃腸障害を起こす可能性があることから、胃潰瘍などの胃疾患をお持ちの方は服用しない方が良いと言えます。ただし、医師により、胃薬との併用で処方されることがありますので、その場合は医師の指示に従って服用してください。また、服用中は飲酒を控えた方が良いでしょう。副作用としては、胃腸障害のほかに、口内炎、発疹、むくみ、腎臓疾患、喘息、心不全、アナフィラキシーショックがあります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

アルコキシア

【アルコキシア】

欧州、中南米、アジアの54カ国で発売されてるシクロオキシゲナーゼ−2抑制剤と呼ばれる抗炎症剤

¥8500〜

no2

ロキソニン、ジャプロックス

【ロキソニン、ジャプロックス】

炎症による腫れや痛みをやわらげる薬です。日本で最も使用されている抗炎症薬

¥2460〜

no3

シルダルード

【シルダルード】

筋肉(肩、首など)のこりや筋肉痛などに「チザニジン塩酸塩」が作用!筋弛緩薬の中でも作用が強いお薬。

¥1800〜

no4

カウンターペインプラス

【カウンターペインプラス】

膝痛、変形性関節症、リウマチなどに効果を発揮します。

¥2210〜

no5

ミオナール錠

【ミオナール錠】

血流の流れを改善して肩こりや腰痛など筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。

¥2890〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません