モーセゴー(偏頭痛薬)

モーセゴー(偏頭痛薬)の商品画像
商品の特徴

偏頭痛、血管性頭痛や群発性頭痛(ホートン症候群)のような再発性の頭痛、偏頭痛の予防に用います。

cart-line
モーセゴー 1箱(30錠)
¥2,630
カートへ
cart-line
モーセゴー 2箱(60錠)
¥4,590
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Mosegor
一般名ピゾチフェン0.5mg
製造元ノバルティス・ファーマ
薬効部類片頭痛の薬
日本名モーセゴー / ピゾチフェン / サンドミグラン
内容量30錠 / 箱
発送国タイ

モーセゴー(片頭痛薬) の特徴

モーセゴーは、片頭痛治療薬として用いられる薬です。モーセゴーはβブロッカー製剤として知られており、交感神経β受容体遮断薬に入ります。

モーセゴー(片頭痛薬) の効能

βブロッカーの目的は、交感神経にあるβ1受容体をブロックすることです。血圧を上昇させる原因として、交感神経の興奮があります。この際に、β1受容体が放出されますが、モーセゴーの主成分ピゾチフェンはこのβ1受容体と結合することにより。血圧を下げる効果が期待できます。片頭痛は交感神経の興奮により、血管が拡張し、血液が多く頭部へと流れることにより発生します。そのため、βブロッカーであるモーセゴーの作用を応用することで、片頭痛を抑えることができます。

モーセゴー(片頭痛薬) の用法用量

モーセゴーに服用方法として、1日3回、1回につき1錠を水またはぬるま湯で服用します。即効性がありますが、痛みの原因そのものを取り除くことはできません。また、モーセゴーは片頭痛の予防薬として用いられますので、すでに発生している片頭痛を抑えることはできません。片頭痛にお悩みの方は、予防用として使用することが最適ですが、服用の際に、かかりつけの医師に相談してください。

モーセゴー(片頭痛薬) の副作用

モーセゴーの副作用として、むくみや不眠、不安感、吐き気、口の渇き、便秘、倦怠感が出ることがあります。これらの症状が改善されない場合は、使用を中止して医師に相談してください。また、ごくまれにですが、アナフィラキシーショックを誘発することがあります。もし、ショック症状を発症した場合は、すぐに使用を中止し、医師の治療を受けてください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ボルタレン 25mg

【ボルタレン 25mg】

炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。

¥2630〜

no2

ミオナール錠

【ミオナール錠】

血流の流れを改善して肩こりや腰痛など筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。

¥2890〜

no3

アルコキシア

【アルコキシア】

欧州、中南米、アジアの54カ国で発売されてるシクロオキシゲナーゼ−2抑制剤と呼ばれる抗炎症剤

¥8500〜

no4

カウンターペインクールジェル

【カウンターペインクールジェル】

サリチル酸無配合でやさしい効き目の外用鎮痛消炎剤です。
冷却効果があります。

¥2290〜

no5

レルパックス

【レルパックス】

頭蓋内の拡張した血管周囲の炎症を抑えることにより、片頭痛の痛みを改善します。

¥3820〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません