ナプロキセン 250mg

ナプロキセン 250mgの商品画像
商品の特徴

効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。

cart-line
ナプロキセン250mg (50錠)
¥4,080
カートへ
cart-line
ナプロキセン250mg (100錠)
¥6,970
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Naprosyn 250mg
一般名ナプロキセン
製造元Roche
薬効部類鎮痛薬(プロピオン酸系)
日本名ナイキサン,モノクロトン,ナロスチン
内容量10錠 / シート
関連の薬ロキソニン同系(プロピオン酸系)鎮痛剤
NAPROXEN250同系(プロピオン酸系)鎮痛剤
ナプロキセンLE同系(プロピオン酸系)鎮痛剤
ゴフェン同系(プロピオン酸系)鎮痛剤
発送国タイ

ナプロキセン 特徴

ナプロキセンは、鎮痛薬で非ステロイド抗炎症薬の「プロピオン酸系NSAID」に分類されます。解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。鎮痛薬としては、効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。

ナプロキセン 効能

下記疾患の消炎、鎮痛、解熱(関節リウマチ、変形性関節症、痛風発作、強直性脊椎炎、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎、月経困難症、帯状疱疹)外傷後並びに手術後の消炎、鎮痛歯科・口腔外科領域における抜歯並びに小手術後の消炎、鎮痛

ナプロキセン 用法用量

通常、成人にはナプロキセンとして1日量300~600mgを2~3回に分け、なるべく空腹時をさけて経口投与します。痛風発作には初回400~600mgを経口投与。頓用する場合及び外傷後並びに術後初回には300mgを経口投与。なお、年齢、症状により適宜増減します。

ナプロキセンの主な副作用

胃腸障害、腹痛・胃痛・胃部不快感、悪心・嘔吐、食欲不振、発疹、浮腫 など

ナプロキセン 基本的注

慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対して長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。急性疾患に対し本剤を用いる場合には、炎症(急性)、疼痛及び発熱の程度を考慮し、原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。高齢者、小児及び虚弱者には、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に用いること。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ミオナール錠

【ミオナール錠】

血流の流れを改善して肩こりや腰痛など筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。

¥2890〜

no2

ボルタレン 100mg

【ボルタレン 100mg】

炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。

¥4420〜

no3

ボルタレン 25mg

【ボルタレン 25mg】

炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くし、発熱がある場合は熱を下げます。

¥2630〜

no4

アルコキシア

【アルコキシア】

欧州、中南米、アジアの54カ国で発売されてるシクロオキシゲナーゼ−2抑制剤と呼ばれる抗炎症剤

¥8500〜

no5

プロスパス15mg

【プロスパス15mg】

多汗症の治療薬「プロバンサイン」と同成分!主に胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。

¥3800〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30