オリスゲル(歯痛薬)

オリスゲル(歯痛薬)の商品画像
商品の特徴

口腔内の歯の痛みや傷を緩和し、口腔内を清潔に保つジェルです。

cart-line
オリスゲル 10g×1本
 
品切れ中
cart-line
オリスゲル 10g×2本
 
品切れ中
cart-line
選ばれる理由
製品名OrisGel
一般名サリチル酸コリン87mg
塩化ベンザルコニウム 0.10mg
製造元MarchingPharmaceuticals Ltd.
薬効部類鎮痛薬(サリチル酸系)
日本名オリスゲル
内容量10g / 本
関連の薬インスタントペインリリーフ
発送国香港

オリスゲル10g効能

口内炎の場合、何もしないでおくと疼痛が続き、不快な状態が続きますが、オリスゲル10gの有効成分が患部の痛みや炎症を鎮めてくれます。また、オリスゲル10gは消炎効果に加えて消毒効果もあるため、口腔内を清潔に保ち、口内炎などの患部の治りを速める効果もあります。

オリスゲル10g特徴

オリスゲル10gは主成分のサリチル酸コリンによる抗炎症作用により、口内炎や舌炎、歯肉炎や歯痛の治療薬として用いられます。サリチル酸は柳の樹皮の有効成分で、古くから抗炎症作用を持つものとして鎮痛剤として愛用されてきました。ただし、サリチル酸自体は酸性が強いため、酸性を抑え、医療用に開発されたのがサリチル酸コリン製剤です。

オリスゲル10g用法用量

清潔な指先か綿棒に塗布して、1日に数回、患部に直接塗り込みます。オリスゲル10gを指先で患部に塗布する場合は、石けん等で指先をよく洗浄してから使用してください。オリスゲル10gは酸性度が抑えられていますが、多用すると胃への負担がかかるため、注意が必要です。

オリスゲル10g副作用

オリスゲル10gの副作用としては、胃痛、胃部不快感、蕁麻疹、発疹などがまれに起こります。また、アナフィラキシーショックを起こすこともありますので、ショック症状などの副作用が現れた場合には、すぐに使用を中止し、医師に治療を受けてください。

オリスゲル10g一般注意

オリスゲル10gは大人用の薬です。16歳以下のお子様が使用することはできません。特にサリチル酸系はお子様にライ症候群を招く可能性があり、脳症などの重篤な症状を発症することもあるため、絶対に使用しないでください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

プライバーナ

【プライバーナ】

ハーブ成分が関節の痛み、筋肉痛、腰痛を和らげます。

¥2630〜

no2

カタフラム

【カタフラム】

関節リウマチ、変形性関節症、膀胱炎や抜歯後の鎮痛・消炎にも効果的!

¥2380〜

no3

レルパックス

【レルパックス】

頭蓋内の拡張した血管周囲の炎症を抑えることにより、片頭痛の痛みを改善します。

¥3820〜

no4

ボルタレンサポ 坐薬 50mg

【ボルタレンサポ 坐薬 50mg】

坐薬で直腸粘膜からの成分吸収によって、即効性が高く、30分程度で効果が現れます。

¥5010〜

no5

アミトン

【アミトン】

トリプタノールのジェネリックでノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、不安や緊張をほぐして気持ちを楽にする抗うつ剤。

¥3000〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません