ペインOソマ(カリソプロドール)

ペインOソマの商品画像
商品の特徴

ペインOソマは有効成分「カリソプロドール」が筋肉の運動を調整する神経を適度に遮断し、痛み・緊張した状態を緩和する作用がある中枢性筋弛緩薬です。

日本以外の発送・EMSは不可
cart-line
ペインOソマ350mg 1箱(100錠) [SG発送]
¥3,950
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Pain-O-Soma
一般名カリソプロドール
製造元Hab Pharmaceuticals & Research Ltd
日本名ペインOソマ
薬効分類中枢性筋弛緩薬
内容量100錠 / 箱
発送国シンガポール

ペインOソマ(カリソプロドール)の特徴について

ペインOソマ(カリソプロドール)は米国では中枢性筋弛緩薬として知られている薬剤になります。
ペインOソマは、日本国内においては未承認の薬剤となっていますが、同効果のある中枢性筋弛緩薬のいくつかは承認されており、臨床の場では広く使用されています。

ペインOソマ(カリソプロドール)の特徴としては、大きくは脊髄や脳幹における神経の遮断効果があります。
筋肉の運動を調整する神経を適度に遮断することによって筋肉の緊張を緩和することができ、効果が期待できる病状としては、腰背痛症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊椎分離・すべり症、脊椎骨粗鬆症、頸肩腕症候群があります。

また、鎮痛剤としての効果があるために、肩こりや筋肉痛、腰痛などの痛みがひどい場合に使用することもでき、他にも、仕事の疲れやスポーツなどでこりが取れない場合などで服用をすることで、睡眠効果も期待できる薬剤となっています。

ペインOソマ(カリソプロドール)の効果・効能

成人の急性の筋骨格に関連する痛み・緊張を緩和(腰背痛症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊椎骨粗鬆症、脊椎分離・すべり症、頸肩腕症候群)

ペインOソマ(カリソプロドール)の飲み方(用法・用量)

1回250mg〜350mgを1日3回、就寝前に1回、合計4回を服用することになります。

ペインOソマ(カリソプロドール)の成分

カリソプロドール(Carisoprodol)350mg

ペインOソマ(カリソプロドール)の副作用

副作用に関しては、緊急措置が必要となる重大な症状として、麻痺、極度の脱力感や協調性の欠如、 眩暈、失神、 早い脈、痙攣、 失明、 動揺や混乱といった内容があり、これらの症状が現れた場合には、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

深刻とならない症状としては、眠気、めまい、 頭痛、 うつ病の症状、過敏反応、視界のぼやけ、 不眠、 吐き気、嘔吐、しゃっくり、胃のむかつきなどの内容があり、応急処置の心配はないものの、これらの症状の場合も、医師への相談が必要となります。

ペインOソマ(カリソプロドール)の注意

服用中における運転や危険を伴う機械の操作の禁止、アルコールは控えることが定められています。
また、勝手に服用を中止した場合の副作用に関しても記載がなされており、服用をやめる場合には医師からの指示に従う旨が定められています。
他にも、妊婦・産婦・授乳婦等の医師に無断での服用禁止、12歳未満の小児等への服用の禁止となります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

アルコキシア

【アルコキシア】

欧州、中南米、アジアの54カ国で発売されてるシクロオキシゲナーゼ−2抑制剤と呼ばれる抗炎症剤

¥8500〜

no2

ロキソニン、ジャプロックス

【ロキソニン、ジャプロックス】

炎症による腫れや痛みをやわらげる薬です。日本で最も使用されている抗炎症薬

¥2460〜

no3

シルダルード

【シルダルード】

筋肉(肩、首など)のこりや筋肉痛などに「チザニジン塩酸塩」が作用!筋弛緩薬の中でも作用が強いお薬。

¥1800〜

no4

カウンターペインプラス

【カウンターペインプラス】

膝痛、変形性関節症、リウマチなどに効果を発揮します。

¥2210〜

no5

ミオナール錠

【ミオナール錠】

血流の流れを改善して肩こりや腰痛など筋肉のコリをほぐし、痛みをやわらげるお薬です。

¥2890〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません