ボルタレンカプセル(痛み止め)

ボルタレンカプセル(痛み止め)の商品画像
商品の特徴

ボルタレンの徐放剤。持続性が特徴の痛み止めです。

cart-line
ボルタレンカプセル 1箱
¥6,500
カートへ
cart-line
ボルタレンカプセル 2箱
¥11,500
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名VoltarenResinat75mg
一般名ジクロフェナク ナトリウム75mg
製造元ノバルティス・ファーマ
薬効部類鎮痛薬(アントラニル酸系)
日本名ボルタレンカプセル
内容量100錠 / 箱
関連商品ボルタレン25mg錠
ボルタレン100mg錠
ボルタレンエマルジェル(外用薬)
ボルタレンサポ
ボルタレン点眼液
カタフラム
発送国香港

ボルタレンカプセル(鎮痛剤)の効能

ボルタレンカプセルは、解熱鎮痛作用のある薬です。ボルタレンカプセルは炎症のもととなるプロスタグランジンの生成を抑えることにより、炎症を抑える効果を発揮します。また、筋肉通夜関節痛を緩和させる効果もあります。加えて、解熱作用もあります。そのため、ボルタレンカプセルは関節リウマチや腰痛、神経痛、月経困難症、歯痛、術後の鎮痛、上気道炎の解熱などに用いられます。ボルタレンカプセルは痛みや熱を和らげる効果がありますが、痛みや熱の原因を治療することはできません。

ボルタレンカプセル(鎮痛剤)の用法用量

ボルタレンカプセルの1日の服用量は、37.5mgの場合、持続性があるため、1日2回の服用となります。25mgの場合は、1日3回、朝、昼、夕の食後に服用します。ボルタレンカプセルは、熱や痛みを強力に抑えることができますが、その分胃腸への負担が大きいため、食後に服用し、空腹時には服用を避けます。もし、食後以外の時間に服用する必要がある場合は、軽食などをとってから服用するのが良いでしょう。

ボルタレンカプセル(鎮痛剤)の副作用

ボルタレンカプセルの副作用として、胃痛、腹痛、下血がみられることがあります。また、腎障害、肝臓障害が出ることもあります。また、喘息や口内炎などの副作用も起きることがまれにあります。ごくまれにアナフィラキシーショックを誘発することがありますので、副作用が現れた場合には、すぐに医師による診察が必要です。ボルタレンカプセルの注意点として、過去に薬の副作用で喘息を起こしたことがある人は、服用することはできません。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

プライバーナ

【プライバーナ】

ハーブ成分が関節の痛み、筋肉痛、腰痛を和らげます。

¥2630〜

no2

カタフラム

【カタフラム】

関節リウマチ、変形性関節症、膀胱炎や抜歯後の鎮痛・消炎にも効果的!

¥2380〜

no3

レルパックス

【レルパックス】

頭蓋内の拡張した血管周囲の炎症を抑えることにより、片頭痛の痛みを改善します。

¥3820〜

no4

ボルタレンサポ 坐薬 50mg

【ボルタレンサポ 坐薬 50mg】

坐薬で直腸粘膜からの成分吸収によって、即効性が高く、30分程度で効果が現れます。

¥5010〜

no5

アミトン

【アミトン】

トリプタノールのジェネリックでノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、不安や緊張をほぐして気持ちを楽にする抗うつ剤。

¥3000〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません