ブロマーゴン(ブロモクリプチン)

ブロマーゴン2.5mgの商品画像
商品の特徴

プロラクチンというホルモンの分泌をおさえるお薬です。また、パーキンソン病の症状を改善する作用も。

cart-line
ブロマーゴン 1箱(30錠)
¥3,060
カートへ
cart-line
ブロマーゴン 2箱(60錠)
¥5,100
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Bromergon 2.5mg
一般名ブロモクリプチンメシル酸塩
製造元SANDOZ
薬効部類パーキンソン病の薬
日本名ブロマーゴン、パーロデル
内容量30錠 / 箱
関連の薬パーロデル 2.5mg
発送国タイ

ブロマーゴン(ブロモクリプチン)の効能

ブロマーゴンはプロラクチンと言われるホルモンの分泌を抑えてくれる医薬品です。
脳下垂体にあるドーパミン受容体を刺激することで、成長ホルモンやプロラクチンの過剰な分泌を抑えます。

ブロマーゴンは、高プロラクチンが原因で起こる乳汁漏出症や排卵障害の治療に使われます。
その他パーキンソン病を治療するための医薬品としても使われます。

ブロマーゴン(ブロモクリプチン)の用量用法

プロラクチンというホルモンの分泌を抑えるブロマーゴンは、症状や病気によって用法や用量が変わりますので、必ず医師の判断や指示に従って使用してください。

参考までにパーキンソン病を治療するときには、1日1回朝食の後に1.25もしくは2.5mgを服用することから開始します。
1週か2週ごとに1日あたり2.5mgずつ増量していき、維持する量を決めます。その際の標準量は1日15.0mgから22.5mgです。

1日あたり5.0mg服用の場合は朝食後と夕食後の2回に分けて服用し、1日あたり7.5mgを越えた場合は、朝昼夜の3回に分けて食後に服用します。

ブロマーゴン(ブロモクリプチン)の副作用

プロラクチンというホルモンの分泌を抑えてくれるブロマーゴンは、副作用として胃の不快感や食欲不振や吐き気、そして便秘など胃腸に関わる症状が報告されています。
プロラクチンというホルモンの分泌を抑えるブロマーゴンを飲み始めの頃には立ちくらみやめまいが起こることがあります。急いで立ち上がらずにゆっくりと動きましょう。

ブロマーゴン(ブロモクリプチン)の一般注意

プロラクチンというホルモンの分泌を抑えてくれるブロマーゴンは、妊娠している方や妊娠の可能性のある方は服用する前に医師に相談して指示を受けて下さい。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no2

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no3

クロフラニル

【クロフラニル】

クロフラニルはクロミプラミン塩酸塩を主成分とする第一世代の三環系抗うつ薬「アナフラニール」のジェネリック薬で憂うつな気分を和らげ意欲を高める作用があります。

¥2500〜

no4

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no5

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません