フルボキサミン

フルボキサミン 50mgの商品画像
商品の特徴

フルボキサミン(抗うつ剤)は、気が沈んで悲観的になったり集中できない、やる気がでない、不眠になる…そんな心の症状を改善し、意欲を高めるお薬です。

cart-line
フルボキシン50mg 3シート(30錠)
 
取り扱い終了
cart-line
フルボキシン50mg 5シート(50錠)
 
取り扱い終了
cart-line
フルボキシン50mg 1箱(100錠)
¥9,600
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Fluvoxin 50mg
一般名フルボキサミンマレイン酸塩
製造元Sun Pharma Sikkim
薬効部類抗うつ薬
日本名フルボキサミン
内容量100錠 / 箱
(10シート以上から箱で発送)
関連の薬ファベリン50mg
発送国香港

フルボキサミンについて

フルボキサミンは、ルボックスのジェネリックです。

ルボックスはSSRIと呼ばれる、いわゆる「第四世代」と呼ばれる世代の抗うつ剤です。
うつ病の原因のひとつとして、脳内のセロトニンが減少している、もしくはうまく働いていない状態が挙げられますので、その状況を改善することによって、うつ状態の改善に導きます。

フルボキサミンの用法用量

そんなフルボキサミンの服用方法ですが、成人の場合はまず一日に50ミリグラムを就寝前に服用することが推奨されています。
最大の使用量は300ミリグラムとされますので、薬の効き具合を見ながら、段階的に量を減らしていくことが可能です。
ただ、これはあくまで目安ですので、個人の体調、効き具合、副作用の状況などをしっかりと確認したうえで、用量を決めて行く必要があります。
また、子供、若者、青年が服用する場合、その他の薬を併用する場合などは、より慎重に服用し、もしも異変があるようならすぐに服用をやめるなどの判断も必要となります。

フルボキサミンの副作用

副作用としては、吐き気や食欲不振、口の渇き、便秘、眠気、めまい、ふらつきなどが報告されています。
ただ、第四世代の抗うつ剤の特徴として、口の渇きや便秘などの副作用が比較的ゆるやかというところがありますが、フルボキサミンもそのひとつで、これらの副作用は従来より軽減されています。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

クロフラニル

【クロフラニル】

クロフラニルはクロミプラミン塩酸塩を主成分とする第一世代の三環系抗うつ薬「アナフラニール」のジェネリック薬で憂うつな気分を和らげ意欲を高める作用があります。

¥2500〜

no2

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no3

アクセプタ

【アクセプタ】

注意欠陥・多動性障害(AD・HD)のお薬、ストラテラのジェネリック薬です。

¥3300〜

no4

ケプラ250mg/500mg

【ケプラ250mg/500mg】

新世代抗てんかん薬の中で主導的な地位を確立しているお薬です。

¥6710〜

no5

エフェクソール

【エフェクソール】

うつ病、抑うつ状態、全般性不安障害、対人恐怖症の治療

¥4300〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
コラム集 一覧
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
商品名で探す(ア〜ワ)
   
       
商品名で探す(A〜Z)
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
成分で探す
営業日カレンダー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
携帯サイト