ガバチン(ガバペンチンのジェネリック)

ガバチン300mgの商品画像
商品の特徴

ガバチン(ガバペンチンのジェネリック)は、てんかん発作を抑える新しいタイプの抗てんかん剤です。

cart-line
ガバチン300mg 3シート(30錠)
 
取り扱い終了
cart-line
ガバチン300mg 5シート(50錠)
 
取り扱い終了
cart-line
ガバチン300mg 1箱(100錠)
¥6,800
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Gabatin300mg
一般名ガバペンチン
製造元Knoll Pharma
薬効部類抗てんかん薬
日本名ガバチン錠
内容量10錠/シート 、100錠/箱
先発の薬ガバペンチン100mg
関連商品トパマックス25mg
トピロール 25mg
ラミクタール
発送国香港

ガバチン(ガバペンチンのジェネリック)について

ジェネリックガバペンチンは、てんかん予防の薬として使用されています。てんかん予防といってもさまざまな薬がありますが、ガバペンチンの効果は大きく分けて二つありますが、まずひとつは、興奮性神経系の前シナプスにおいてカルシウムの流入を抑えることによって、伝達物質が遊離することを防ぎます。
二つ目は、脳内のGABA量を増加させることによって、GABA神経機能を強くします。
このふたつの働きによって、てんかん予防の働きをします。

ガバチン(ガバペンチンのジェネリック)の用法用量

ジェネリックガバペンチンの服用方法は、成人の場合は一日3回に分けて、一日目は200、二日目は400ミリグラムから始め、三日目からは400~600ミリグラムを一日3回服用します。
一日の最大量は2400ミリグラムとなっていますので、それを超えない範囲で服用量を調整します。
病状によっても適正な服用量は変わってきますので、慎重に判断することが必要になるでしょう。
また、いったん飲み始めたら、医師の判断なしに途中で飲むのを中止しないようにしましょう。

ガバチン(ガバペンチンのジェネリック)の副作用

副作用としては、眠気やめまい、頭痛、倦怠感、眼障害などが報告されています。
車の運転をする方や、高いところでの作業が必要となる方は特に注意し、もしも強い副作用が出るようなら、医師に相談しましょう。
服用量を調整することで、副作用も軽減するかもしれません。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no2

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no3

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

no4

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no5

エフェクソール

【エフェクソール】

うつ病、抑うつ状態、全般性不安障害、対人恐怖症の治療

¥4300〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません