パニトール(テグレトールのジェネリック)

パニトール200mgの商品画像
商品の特徴

テグレドールジェンネリックはてんかん、躁うつ病、神経痛の治療薬です。有効成分のカルバマゼピンが脳神経の興奮状態を鎮め、気分の高ぶり、意識障害などを引き起こさないよう作用します。

cart-line
パニトール200mg 30錠 [香港発送]
 
取り扱い終了
cart-line
パニトール200mg 100錠 [香港発送]
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Panitol200mg
一般名カルバマゼピン
製造元Pharmaland Co.、Ltd
日本名パニトール
薬効分類抗てんかん剤/躁状態治療剤
内容量1箱/500錠(10錠x50シート)
発送国香港

パニトール(テグレトールのジェネリック)の特徴

脳神経の興奮をしずめて、てんかん発作を予防します。
とくに、側頭葉てんかんなど部分発作に効果が高いです。
側頭葉てんかんは大人に多く、精神的な変調や意識障害、もうろう状態、ふるえなどが現れるタイプのてんてかんです。

パニトール(テグレトールのジェネリック)の用法用量

精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)..
カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口服用し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。
症状により1日1,200mgまで増量することができる。
小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日100〜600mgを分割経口服用する。

躁病、躁うつ病の躁状態、精神分裂病の興奮状態..
カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200〜400mgを1〜2回に分割経口服用し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。
症状により1日1,200mgまで増量することができる。

三叉神経痛..
カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200〜400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口服用するが、症状により1日800mgまで増量することができる。
小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。

パニトール(テグレトールのジェネリック)の副作用

副作用で多いのは、眠気、めまい、けん怠感、頭痛、吐き気、口の渇きなどです。
症状の強いときは早めに受診し医師に申し出てください。服用量の調節が必要かもしれません。

パニトール(テグレトールのジェネリック)の注意事項

適さないケース..重い血液障害のある人、重い房室ブロックや徐脈(50拍/分未満)のある人。
注意が必要なケース..排尿困難や眼圧亢進のある人、そのほか心臓病、肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症、ポルフィリン症のある人、高齢の人など。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no2

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no3

クロフラニル

【クロフラニル】

クロフラニルはクロミプラミン塩酸塩を主成分とする第一世代の三環系抗うつ薬「アナフラニール」のジェネリック薬で憂うつな気分を和らげ意欲を高める作用があります。

¥2500〜

no4

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no5

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません