パロキセチン錠

パロキセチン錠の商品画像
商品の特徴

パロキセチン錠は、抗うつ薬「パキシル」のジェネリックで脳内のセロトニンを増やして、落ち込んだ気分や不安感を改善します。

cart-line
パロキセチン20mg 1本(30錠) [香港発送]
¥2,100
カートへ
cart-line
パロキセチン20mg 2本(60錠) [香港発送]
¥3,500
カートへ
cart-line
パロキセチン40mg 1本(30錠) [香港発送]
¥2,500
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Paroxetine
一般名パロキセチン塩酸塩
製造元Zydus Pharmaceuticals USA Inc
薬効部類抗うつ薬
日本名パキシル
内容量30錠 / 本
先発の薬パキシル錠20mg
関連商品Xet(ゼット)
発送国香港

パロキセチン錠について

Zydus Pharmaceuticals社のパロキセチン錠は、抗うつ薬として知られるパキシルのジェネリック医薬品です。
パキシルと同一の有効成分であるパロキセチンを含有していますが、後発薬なのでパキシルよりも薬価は抑えられています。


人の脳内にはノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンという神経伝達物質があります。
ノルアドレナリンには、集中力を高めたり興奮したりする役割があり、ドーパミンには、運動機能の調整や学習・記憶などの認知機能の調整、やる気を起させるような役割があります。
セロトニンはこのノルアドレナリンとドーパミンの分泌をコントロールし、精神を安定させ生活リズムをつくる役割を担っています。
それぞれ役割が違いますが、この三つがバランスよく分泌されることで心身のバランスが保たれているのです。
この中のセロトニンが不足してしまうと、イライラしやすくなったり気持ちが落ち込んだりすることがあると言われています。
ストレスを抱える多くの現代人はセロトニンが不足していると言われていますが、それがうつ病の発症につながることもあります。

パロキセチン錠は、そのセロトニンの減少を抑える薬です。
脳内のセロトニンを増やして、落ち込んだ気分や不安感を改善することです。


主に、うつ病やうつ状態の改善、パニック障害の治療に用いられ、それ以外にも強迫性障害や、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)にも効果を発揮します。

先発のパキシル及びパキシルのジェネリックはその効果が高く評価されている薬ですが、即効性ではなく効果が出るまで一定期間が必要です。
人によっては効果を実感できるまで時間がかかることがあります。

パロキセチン錠の効果

うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害

パロキセチン錠の飲み方

[うつ病、うつ状態の人に対して]
成人の方に1日1回夕食後、パロキセチンとして20〜40mgを服用します。
服用開始の際は1回10〜20mgから開始して、原則として1週ごとに10mg(10mg錠あら0.5錠、20mg錠なら0.25錠)/ 日ずつ増量します。
症状によっては1日40mgを超えない範囲で適宜増減する場合があります。

[パニック障害の人に対して]
成人の方に1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを服用します。
服用開始の際は1回10mgから開始して、原則として1週ごとに10mg(10mg錠あら0.5錠、20mg錠なら0.25錠)/ 日ずつ増量します。
症状によっては1日30mgを超えない範囲で適宜増減する場合があります。

[強迫性障害の人に対して]
成人の方に1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを服用します。
服用開始の際は1回20mgから開始して、原則として1週ごとに10mg(10mg錠あら0.5錠、20mg錠なら0.25錠)/ 日ずつ増量します。
症状によっては1日50mgを超えない範囲で適宜増減する場合があります。

[社会不安障害の人に対して]
成人の方に1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを服用します。
服用開始の際は1回10mgから開始して、原則として1週ごとに10mg(10mg錠あら0.5錠、20mg錠なら0.25錠)/ 日ずつ増量します。
症状によっては1日40mgを超えない範囲で適宜増減する場合があります。

[外傷後ストレス障害の人に対して]
成人の方に1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを服用します。
服用開始の際は1回10〜20mgから開始して、原則として1週ごとに10mg(10mg錠あら0.5錠、20mg錠なら0.25錠)/ 日ずつ増量します。
症状によっては1日40mgを超えない範囲で適宜増減する場合があります。

パロキセチン錠の成分

パロキセチン(Paroxetine)

パロキセチン錠の副作用

副作用は比較的少ないとされていますが、これも個人差が大きく、副作用を強く感じる人もいます。
副作用の例をあげますと、嘔気や食欲不振、下痢、性機能障害(女性の場合、生理不順。男性の場合、性欲減退、勃起不全)などの症状です。

パロキセチン錠の注意点

服用には症状に合わせた用法用量がありますので、医師と相談の上、決められた用法用量を守る必要があります。
一気に服用をやめると、気分や体調が悪くなったりうつ病が再発したようなSSRI離脱症候群(抗うつ薬離脱症候群)が現れることがあります。
薬をやめる時は、緩やかに減らしていくことが必要ですので、医師や専門家の指示に従ってください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no2

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no3

クロフラニル

【クロフラニル】

クロフラニルはクロミプラミン塩酸塩を主成分とする第一世代の三環系抗うつ薬「アナフラニール」のジェネリック薬で憂うつな気分を和らげ意欲を高める作用があります。

¥2500〜

no4

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no5

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません