スタブロン

スタブロン12.5mgの商品画像
商品の特徴

スタブロンは、三関係抗うつ薬に似た形態を持ちながら、選択的セロトニン再取込み促進(SSRE)作用や、脳の神経伝達物質の効率を上昇させる神経可塑作用を持つ薬剤です。

cart-line
スタブロン12.5mg 3シート(30錠)
 
取り扱い終了
cart-line
スタブロン12.5mg 1箱(60錠)
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Stablon12.5mg
一般名チアネプチン
製造元Serdia Pharmaceuticals Pvt.Ltd.
薬効部類抗うつ薬
日本名スタブロン
内容量60錠/箱、10錠/シート
発送国香港

スタブロン12.5mgの特徴

スタブロンは、三関係抗うつ薬に似た形態を持ちながら、選択的セロトニン再取込み促進(SSRE)作用や、脳の神経伝達物質の効率を上昇させる神経可塑作用を持つ薬剤で、、海外では鬱病の治療として用いられていますが、現在日本では未承認の薬です。

鬱病は、気分障害の一種です。
一般的には、過度のストレスなど心因的要素が原因と思われていますが、身体的不調・脳内血行障害・更年期障害・ホルモンバランス不調・生体リズム不調・歯科治療用重金属中毒・季節の変化などから発病する場合もあり、まだ原因が明らかになっていない病気で、患者により症状や程度も異なります。
鬱状態の場合、不安や焦燥感を伴い精神活動の低下・食欲不振・不眠症等の状態が周期の区別なく出現するとされています。

スタブロン12.5mgの用法用量

※症状によって、適した用量は異なります
用法・用量を医師と相談の上服用して下さい。
通常・成人1日2-3回各1錠(12.5mg)を服用して下さい。

スタブロン12.5mgの副作用

胃痛、腹痛、口の渇き、食欲不振、膨満感、悪心、吐気、不眠、眠気、悪夢、頻脈、期外収縮、前胸部痛、眩暈、頭痛、脱力感、震え、呼吸困難、筋肉痛、気管の閉塞感、腰痛

スタブロン12.5mgの注意事項

以下項目に該当する方、または既病歴のある方はスタブロンを使用しないで下さい。
・有効成分・チアネプチンにアレルギー症状が出る
・妊婦、授乳中、妊娠している可能性がある
・乳幼児、15歳以下の小児
・高齢者

その他
・例え同じ症状であっても、他者へ与えないで下さい。
・小さなお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
・スタブロンを使用している間、眩暈やふらつき等の症状を感じる方がいます。
車等の運転や精密な機械作業の扱いに十分注意して下さい。
・医師によって指示された用量・用法を守り正しく服用して下さい。
尚、自己判断で勝手に服用を中止しないで下さい。症状が悪化したり再発する恐れがあります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no2

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no3

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

no4

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no5

エフェクソール

【エフェクソール】

うつ病、抑うつ状態、全般性不安障害、対人恐怖症の治療

¥4300〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません