ストラテラ

ストラテラの商品画像
商品の特徴

ストラテラはADHD(注意欠陥 多動性障害)治療薬です。ADHDは、学齢期の子供に多く見られる発達障害の一種です。

cart-line
【大幅値下】ストラテラ10mg 1箱(28錠)
¥20,000 -> ¥5,600
カートへ
cart-line
【大幅値下】ストラテラ18mg 1箱(28錠)[SG発送]
¥20,000 -> ¥5,800
カートへ
cart-line
【大幅値下】ストラテラ25mg 1箱(28錠)
¥20,000 -> ¥6,050
カートへ
cart-line
【大幅値下】ストラテラ40mg 1箱(28錠)
¥20,000 -> ¥6,300
カートへ
cart-line
【大幅値下】ストラテラ60mg 1箱(28錠)
¥20,000 -> ¥6,550
カートへ
cart-line
リデュースセール
選ばれる理由
製品名Strattera
一般名アトモキセチン塩酸塩
製造元Eli Lilly
薬効部類ADHD(注意欠陥 多動性障害)の薬
日本名ストラテラ
内容量28錠 / 箱 
ジェネリック薬アクセプタ
発送国香港・シンガポール

ストラテラについて

ストラテラは、一般名をアトモキセチン塩酸塩といい、発達障害のうち中でも、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療に使われる薬です。
注意欠陥や多動性障害は、発達障害によく見られるタイプのひとつですが、そのまま放置しておくと、集団生活を送るうえでさまざまな支障が出たり、それによって学校生活を送ることが困難になってしまうことがあります。
ストラテラの作用としては、脳内物質のノルアドレナリンに作用し、集中力や注意力を高める効果があるといわれています。

ストラテラの用法用量

ストラテラの服用方法は、一日0.5ミリグラム(体重・キログラムあたり)より飲み始め、最終的には1.2〜1.8ミリグラムで維持することが推奨されています。
飲み方は1日2回に分けて経口での服用となります。

服用しはじめてからすぐに効果が出るのではなく、ゆるやかに効き始め、2週間を過ぎてから効果が安定してくるといわれています。
そのため、効かないからといって自己判断で薬をやめるのではなく、コツコツと続けて飲み続けることが必要となっています。

ストラテラの副作用

副作用は、食欲減退、吐き気、腹痛、頭痛、眠気などが報告されています。

軽微な副作用であれば服用を続けるうちに改善されていくことも多いようですが、副作用がひどい場合や、体に異変を感じる場合にはただちに医師や薬剤師に相談しましょう。
また、持病がある方やすでに何らかの薬を飲んでいる方が服用する場合にも注意が必要ですので、必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31