ジプラシドン20mg

ジプラシドン20mgの商品画像
商品の特徴

錐体外路症状などの副作用が少なく、統合失調症、うつ症状を改善する特徴があります。
安全性が高い薬であり、アメリカでは統合失調症に対する第一選択薬として使用されています。

cart-line
ジプラシドン20mg 1箱(50カプセル) [香港発送]
¥2,500
カートへ
cart-line
ジプラシドン20mg 2箱(100カプセル) [香港発送]
¥3,800
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Zipsydon20mg
一般名ジプラシドン
製造元Torrent Pharmaceuticals Ltd.
薬効部類抗不安薬・不眠症の薬
日本名ジプラシドン
内容量1箱/50錠
発送国香港

ジプラシドン20mgの特徴について

ジプラシドン20mgは多くの国で使用されている統合失調症治療薬です。
統合失調症の症状である興奮や幻覚、妄想などを抑制するとともにうつ症状を改善し、精神的な安定をもたらすことが出来ます。
この薬は非定型抗精神病薬に分類され、定型抗精神病薬のような錐体外路症状などの副作用が少ないという効果・特徴があります。
安全性が高い薬であり、アメリカでは統合失調症に対する第一選択薬として使用されています。

●統合失調症とは●
幻覚やもうトスといった症状が主な特徴です
慢性の経過をたどることが多く幻覚、妄想などが強くなる期間が出てきます
現在は、新薬の開発、心のケアにより、初めて発症した患者さんのほぼ半数は、完全かつ長期的な回復が期待できるまでになりました。

ジプラシドン20mgの成分

ジプラシドン20mg

ジプラシドン20mgの用法用量

成人には1回20mgから開始します。
症状や年齢にあわせて適宜増減をすることができますが、個人的な判断はせず医師に相談することをおすすめします。
服用できる上限は1日160mgになります。

ジプラシドン20mgの副作用

副作用が少ない薬ではありますが、以下の副作用が認められています。
高プロラクチン血症やアカシジア、体重増加などの症状がでることがあります。 薬を服用したことで体の力が抜けたり、冷や汗や振るえ、意識障害などの症状が出た場合はすぐに医師に相談することが必要です。
脳に作用する薬のため、用法用量は必ず守ることが大事です。

ジプラシドン20mgの注意

薬を服用する際の注意点としては、薬の効果が出ているときは車の運転や機械を使用するような危険な仕事は行わないようにすることです。
脳に作用する薬のため、めまいやふらつきが起きる可能性があります。
服用してから起き上がるときは急に立ち上がらないようにします。
ゆっくりと立ち上がり、めまいやふらつきがないことを確認してから行動することが大事です。
また、服用はアルコールと一緒に行なわないようにする必要があります。
アルコールと一緒にとると薬の作用が効き過ぎる場合があります。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no2

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no3

クロフラニル

【クロフラニル】

クロフラニルはクロミプラミン塩酸塩を主成分とする第一世代の三環系抗うつ薬「アナフラニール」のジェネリック薬で憂うつな気分を和らげ意欲を高める作用があります。

¥2500〜

no4

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

no5

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません