ジプレキサ

ジプレキサ 5mg/10mgの商品画像
商品の特徴

脳内の情報伝達系の混乱を改善し、統合失調症や抑うつ状態などに使用される抗精神病薬です。

cart-line
ジプレキサ錠5mg 1箱
¥17,420
カートへ
cart-line
ジプレキサ錠10mg 1箱
¥30,850
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名ZYPREXA 5mg/10mg
一般名オランザピン
製造元lilly
薬効部類抗精神病薬
日本名ジプレキサ錠
内容量28錠/箱
関連商品エビリファイ
Asprito15mg
発送国タイ

ジプレキサについて

ジプレキサは抗精神病薬、統合失調症治療薬です。
脳の中の情報伝達系の混乱をなくし、陽性症状である妄想や幻聴、混乱や興奮、そして陰性症状の感情鈍麻や思考衰退、意欲衰退といったどちらの症状にもよい効果を発揮する薬です。
ジプレキサは、一般名をオランザピンといいます。
抗精神病薬として薬効分類されています。

ジプレキサの用法用量

ジプレキサの効能は統合失調症です。

一般的に成人に対してはジプレキサを5mgから10mgを1日に1回服用するところから開始します。
維持する量としては1日に1回ジプレキサ10mgを服用していきます。もちろん年齢によっても症状によってもジプレキサの量は適宜増減します。1日に20mg以上は超えないことが上限です。
ジプレキサの主な副作用として不眠の症状、反対に眠気、体重増加、アカシジア、筋肉のこわばりや倦怠感、不安や興奮、頭痛やめまい、ふらつきの症状、便秘、口の渇きといったものがあります。

ジプレキサの副作用

黄疸や肝機能障害が起こることもありますので注意が必要です。
これまでにジプレキサで過敏症状を起こしている人、エピネフリンを投与している人、こん睡状態の人への使用は禁止です。

ジプレキサは効果がとても強いので著しい血糖値の上昇によって糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡といった重大な副作用を発症することもありますので、医師の厳重な管理が必要です。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

デパケン

【デパケン】

てんかん発作をふせぐお薬です。 また、躁病の治療や、片頭痛の予防にも用います。

¥2630〜

no2

シトレス

【シトレス】

レクサプロのジェネリックでうつ病、抑うつ状態、パニック障害、対人恐怖症、全般性不安障害の治療に使用されます

¥2200〜

no3

セレクトラ50mg/100mg

【セレクトラ50mg/100mg】

セレクトラ50mg/100mgは、セロトニンだけを選択的に増やし、 うつ病やうつ症状を改善させる効果が期待できる抗うつ薬です。うつ病やうつ状態、パニック障害、不安障害を緩和させる事が期待されます。

¥2100〜

no4

ハイプナイト

【ハイプナイト】

抗不安作用や緊張を緩和する効果もある非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

¥2500〜

no5

エフェクソール

【エフェクソール】

うつ病、抑うつ状態、全般性不安障害、対人恐怖症の治療

¥4300〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません