ベトネベートクリーム

ベトネベートクリームの商品画像
商品の特徴

ベトネベートクリームは、ステロイド剤「吉草酸ベタメタゾン」が成分の外用剤で、皮膚の炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。

cart-line
ベトネベートクリーム 1セット(15g×2本)
¥2,460
カートへ
cart-line
ベトネベートクリーム 2セット
¥4,000
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名BETNOVATE Cream
成分名ベタメタゾン吉草酸エステル
製造元グラクソ・スミスクライン
薬効部類皮膚炎治療薬
日本名ベトネベートクリーム
内容量15g×2本
関連の薬ベトネベートNクリーム
ベトネベートスカルプ(液体)
ベタミルクリーム
トリダームクリーム
発送国タイ

ベトネベートクリームの特徴

ベトネベートクリームは皮膚の炎症による腫れ、痛み、痒みを緩和するステロイド外用剤のひとつです。有効成分のベタメタゾンは副腎から分泌されるコルチゾルという物質の仲間で、一般的にコルチゾルのことを副腎皮質ホルモン(ステロイド)と呼びます。コルチゾルは糖分や脂質の代謝、粘膜や体液の維持、免疫調整などとても重要な役割を果たします。ステロイド製剤の強さは1~5(強~弱)段階まで分類され、ベトネベートクリームはそのうち3段階(強力)に分類されています。そのため、湿疹やアトピーをはじめ様々な皮膚疾患に利用されています。ただし、対症療法薬のため疾患の原因そのものを治療することはできません。

ベトネベートクリームの用法用量

通常、1日1~3回患部に塗布してください。※軽くなでるように塗ってください。また、健全な皮膚に塗り広げないよう注意してください。

ベトネベートクリームの副作用

過敏症による皮膚の発疹、発赤、かゆみ、刺激感など。※外用剤のため副作用はほとんどありません。

ベトネベートクリームの注意事項

皮膚感染症に感染している方は悪化の恐れがあるため本剤を使用できません。・妊娠中及び授乳中の方は長期使用を控えてください。・目付近に使用する場合は目に入らないよう注意してください。・ひげそり後や化粧下に代用しないでください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ヒルドイドクリーム

【ヒルドイドクリーム】

肌のかさつきや、乾燥トラブル、しもやけ、あかぎれやひび割れ、アトピー性皮膚炎でも用いられます。

¥2000〜

no2

イトラゾール

【イトラゾール】

外用薬では治りにくい爪の水虫、角化型の水虫などに対して有効です。

¥3570〜

no3

ラクサールクリーム

【ラクサールクリーム】

エムラクリームと同成分です。作用が強く持続時間が長い表面麻酔剤です。

¥3700〜

no4

アレットジェル(トレチノインジェル)

【アレットジェル(トレチノインジェル)】

ニキビの治療薬としての他、シミ・シワ取りの薬として用いられます。

¥2630〜

no5

ハイドロキノン クリーム

【ハイドロキノン クリーム】

美白効果はビタミンCやプラセンタの10〜100倍!シミの予防・改善にも効果があります。

¥2530〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません