トリダームクリーム(ステロイド剤)

トリダームクリーム(ステロイド剤)の商品画像
商品の特徴

有効成分「ベタメタゾンジプロピオン酸エステル」が炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みを和らげます。

cart-line
トリダームクリーム 15g×1本
 
取り扱い終了
cart-line
トリダームクリーム 15g×2本
 
取り扱い終了
cart-line
トリダームクリーム 15g×3本
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Triderm Cream
成分名ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
クロトリマゾール
製造元シェーリング・プラウ
薬効部類皮膚炎治療薬
日本名トリダームクリーム
内容量15g
関連の薬ベトネベートNクリーム
ベトネベート
発送国香港

トリダームクリームの効能

トリダームクリームはステロイドが含まれた塗り薬です。トリダームクリームはアトピー性皮膚炎や湿疹などのかゆみを改善します。ステロイドが使われていても外用薬なのでそれほど心配する必要はありません。トリダームクリームの主な成分はベタメタゾンジプロピオン酸エステルです。トリダームクリームは乾癬や円形脱毛症の治療に使われることもあります。いずれの病気であってもステロイドの持つ抗炎症作用により、強いかゆみなどの症状を速やかに抑えることができます。

トリダームクリームの用法用量

トリダームクリームは1日に1回から数回患部に塗布します。塗布するときにはガーゼを使っても構いません。塗布の量は病気の症状によって調節することができます。ステロイドが含まれているのでトリダームクリームの長期間の使用は避けたほうがよいでしょう。長期間の使用では、真菌や化膿菌などによる感染症が起こりやすくなることがあります。ステロイドの作用によりこのクリームはかゆみ止めに優れた効果を発揮しますが、疾患を完治させることはできません。

トリダームクリームの副作用

このクリームに含まれている成分によって過敏症を起こした方は、トリダームクリームの使用は止めてください。発疹やかゆみ、刺激感などの副作用が起こることがあります。その場合は使用を中止して、病院に行ってください。長い期間使った場合に急に使用を止めると、その反動で皮膚炎などの症状が悪化することがあるので十分気を付けてください。これもステロイドが含まれているためです。止めるときには塗布の量を少しずつ減らしていきましょう。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.orgのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

人気の売れ筋アイテム

no1

ヒルドイドフォルテジェル

【ヒルドイドフォルテジェル】

傷痕の治療、乾燥肌・皮脂欠乏症の治療、アトピー性皮膚炎の治療、アンチエイジングとして人気です。

¥2500〜

no2

メラケアクリーム

【メラケアクリーム】

メラケアクリームは、トレチノイン、ハイドロキノン、フランカルボン酸モメタゾンが配合された医薬品になります。 美肌・美白作用、ニキビ予防・緩和の効果が期待できる医薬品です。

¥2300〜

no3

エムラクリームジェネリック5%

【エムラクリームジェネリック5%】

世界約70か国で承認・販売されているエムラクリームのジェネリックで、神経を一時的に麻痺させて痛みを感じなくします。

¥2300〜

no4

ヒルドイドクリーム

【ヒルドイドクリーム】

肌のかさつきや、乾燥トラブル、しもやけ、あかぎれやひび割れ、アトピー性皮膚炎でも用いられます。

¥2000〜

no5

スパゾル

【スパゾル】

スパゾルはスポラルのジェネリック医薬品です。

¥7560〜

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません